【チームMTG】『Cluster』でメタバース体験をしてみた【VR】

2023.01/31

はじめましてチームTのTです!
「いい加減記事を書け」という圧力に屈し、観念して書いています!

 

チームTではメタバース体験を何度か行っており、
今回はCluster(クラスター)というプラットフォームをチームの皆と触ってみましたので
その様子をお伝えしたいと思います!

 

そもそも“Cluster”って何?

 

「cluster (クラスター)」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べるメタバースプラットフォームです。
音楽ライブや発表会などのイベントの他、いつでも参加できるバーチャルワールドでチャットやゲームを楽しめます。
引用:https://cluster.mu/

 

とのことです!

 

ではなぜClusterにしたのか。

メタバースと言えば「VR Chat(ブイアール・チャット)」という、
世界一有名で人口が多いプラットフォームがありますが、
実はこちらもチームで触ったことがあります。
ただ日本語未対応だったり、アカウント登録が複数あったりと、
入門としてはちょっとハードルが高い印象でした。
(でも初心者に優しく教えてくれるユーザーが多く、怖がらなくても大丈夫だそうです!)

 

今回ご紹介するClusterは、
「アカウント登録→インストール→ログイン」という定番の流れで直ぐに利用でき、
オリジナルアバターの導入も簡単ということで、
VR Chat回に参加できなかったメンバーも一緒に触ってみました!
(PCだけではなく、スマホアプリもあります!)

 

アカウントの登録は、Googleアカウントを持っていると簡単に出来ちゃいます。
それぞれアカウントを作成し、
デフォルトのアバターを好みの姿に変更したり、
VRゴーグルでVR空間を体験していました。

 

しかしそれだけだと面白くない!
ということで、
オリジナルアバター導入もやってみました!

 

 

今回は3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」を利用しました。
好みの3Dアバターが簡単に作れちゃう優れものです!(本当に簡単!)

早速作業に入りましたが、
やはり一度手を付けると各々のこだわりが出てくるようで、
みんな黙々とカスタマイズに励んでいました。

エルフかな?(かっこいい)

 

創作物というのはやはり個々の内面が具現化されるイメージがありますが、
果たして皆どんなアバターとなったのか……!

 

お披露目の舞台は、某テーマパークをイメージしたという遊園地ワールド
「ファンタージパーク」で行います!(超綺麗!)

 

しかし、準備ができた人から入園したものの広すぎて出会えない……。
というわけで、一番目立つお城の前に集合することに!

 

みんなで記念写真を撮影!

 

…おや?

 

わかる

 

青鬼…?

 

わかる

 

わかる

 

わかる

 

ヨー…ダ?(あれっエルフは?)

 

 

うちのチームには潜在的異形の者が二名ほど混じっていたようです…!

 

というわけで皆でCluster体験でした!
「我こそは更に上を行く異形の者なり」という方はぜひCOMBOまで!
お待ちしております!

 

おまけのツーショット

 

COMBOでは一緒に働いて頂ける仲間を募集しています!
COMBOの仲間たちと一緒に働きましょう!
<募集内容の確認はこちら>
  • COMBOなら AR/VR開発に関する様々な課題を解決!

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

022-220-0158

お問い合わせフォーム